忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日、師範代のミット稽古に参加。
参加者は、中学生4人と自分と少なめ、ちょい遅れての参加だったが中身は充実。
体調は、まだ本調子ではないが稽古にはさほど支障はない。

<メニュー>
・補強(腹筋300回、背筋300回)
・タッチスパー(突き、前蹴り、上段回し蹴り)
・蹴りの受け返し
・同(棒を用いて)
・上段蹴り全般の受け(相手立て膝)
・スパーリング
・ビッグミット打ち(手にゴム付けてパンチのみ、2分×2セット)
・ビッグミット蹴り(足にゴム付けて中段、左右1分ずつ)
・腹打ち
・下段(腿)蹴り

蹴りの受け返しは、受けるのではなく捌いて返す、避けて返す、動いて衝撃を軽減して返すことに注力するようにと。
ディフェンスは、受けるより捌く、捌くより避ける方が当然いいわけだが、実際はその逆で避けるより捌く、捌くより受ける、受けるより貰って踏ん張ることの方が多く、1日で何試合も戦うとなるとスタミナも去ることながら当然身体へのダメージも蓄積され、それがまたスタミナ消費に拍車をかけるわけで、試合を優勢に持っていくためにも、ディフェンスは侮れない。
当然と言えば当然であるが、最近は受けることと部位の鍛練ばかりで、捌いたり避けたりは意識が薄かった。
スパーリングなどでも、攻撃面を重視してしまうが、今一度しっかり意識して行こう。

一方攻撃面は、引き続き膝蹴り、上段や後ろ回しもちょっと試してみた。
壮年は、要所で上を蹴れたら非常に有利なんだけどなぁ。
技の入るところ、入らなくなった時の次の一手にも注力する。
師範代から、膝が入ってそこで終わらず膝から次の足技(下段とか)へ繋ぐよう指導受ける。

ビッグミットは、これはなかなハードだったが、今までにないトレーニングでなかなかおもしろかった。
コンスタントに続けたら、パワーがつきそうだ。
ゴムを付けての蹴りは、フィリオが練習してるのをビデオで見たことがある。

それにしてもミット稽古…中学生と師範代相手では結構しんどいぞ(笑)。
お~い、壮年部~~~!
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


極真空手 壮年空手道 奮闘日記
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[07/10 身のほど]
[01/12 46歳]
[08/03 礼]
[06/18 あらた]
[04/24 たけあに]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
y.h
年齢:
48
性別:
男性
誕生日:
1968/05/11
職業:
会社員
趣味:
極真空手
バーコード
ブログ内検索
P R