忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日の稽古は、ビジネスマンクラスと言って、その名の通り主にビジネスマン向けのクラスだ。
仕事終わってからの稽古で、21時からの一般稽古。
我々サラリーマンにとっては非常にうれしい時間帯で、この道場にしようと決めたのもこのクラスがあるからだ。

私は20時に行って、筋力トレーニングをしてる。
通常の筋トレと加圧トレーニングで、昨日は部位を胸筋と背筋、足回り。
因みに今日は、ホームトレーニングで腹筋と腕回り。
有酸素運動(一般稽古)前の筋トレは脂肪燃焼の効率にもいいしね。
この筋トレは、一週間の中のトレーニングメニューの一つです。

先日以来、間合いが気になるところ。
今日も、間合いを頭に入れながら組手をする・・・が、考えれば考えるほど手が出なくなり、動きも後ろに下がり気味になってしまう。
以前のように打たれながらも前へ出て、突きと蹴りで押していく組手とはほぼ正反対。

稽古が終わり、師範に聞く。
組手で間合いを意識するとき、どういうところを意識しますか?と・・・
そしたら「組手は間合いですよ」と。「間合いが全てと言っても過言ではない、間合いを制する者が組手を制するんです」・・・
何かで頭をガーンと打たれたような衝撃を受けた。
間合いそのものを意識するんだ・・・間合いは当然のように意識するんだ・・・。
自分は今まで、間合いは全く意識してなかったわけではないが、それよりも強い突きと蹴りで倒すことしか考えてなかった。

師範の教え
・自分が相手に攻撃を当てることのできる間合いと、相手の攻撃が自分に当たる間合い
・自分が何をしたい(どういう攻撃をしたい)のか、それをするための間合い
・相手がこうしてこうしてこうしてきたら、自分はこうしてこうしてこうする
これらを、日々の組手の稽古で常に意識しながら、体に染込ませるのです。
試合では、頭で考えながら動いてたら試合終わっちゃうので、体に染込ませ、自然に動けるようにするのです。

なるほど~~!!
って思ったが、実際はそう簡単にいくものではなく、地道に練習を重ねて行くしかない。
自分の間合いを体に染込ませることを、当面の課題にすることにした。

昨日は、新しい帯をいただいた。
先月の審査会で昇級審査を受け、結果合格でした。
帯の色は同じだが、線が一本入ってるとうれしいものです。
ありがとうございました。
帯に見合ったスキルをつけるべく、一層精進いたします。

押忍

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


極真空手 壮年空手道 奮闘日記
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[07/10 身のほど]
[01/12 46歳]
[08/03 礼]
[06/18 あらた]
[04/24 たけあに]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
y.h
年齢:
48
性別:
男性
誕生日:
1968/05/11
職業:
会社員
趣味:
極真空手
バーコード
ブログ内検索
P R