忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


金曜日は、師範のミット稽古に参加。
師範代は最後の調整、支部内交流試に出る選手も調整程度。
自分は、今週は月・水・金と出たが、水曜日あたりからようやく炎が弱火から中火になってきたかなってところ。

<メニュー>
・補強(腹筋300回、背筋300回)
・パンチ、下段、膝蹴り、三日月蹴りの基本
・シャドー 2分×2セット
・パンチ受け返し
・蹴り受け返し
・スパーリング(パンチのみ)
・スパーリング
・中段蹴り左右10本→ジャンピングスクワット10回 を4セット
・移動しながら膝蹴り2分
・移動しながら前蹴り2分
・ビッグミット(30秒ラッシュ×3本)

足の怪我が中途半端な状態でスパーリングやったもんだから、結局はまた痛めてしまい、おまけに予防摂取の影響で腕も痛く、スパーリングを途中リタイア。
それまではガッチリ打ち合ってたが、やはりもう少しスタミナが欲しいところ。
次の目標は、来年の春季関東大会。
それまでには、スタミナはもう一回アップを目指す。

本日は、秋季支部内交流試合。
当道場から壮年部が多数出場、自分は今回は応援とサポートに回る。
残念ながら一人除いてみな1回戦負けではあったが、いずれも惜しい試合だった。
その1人であるW部さんは準優勝、おめでとうございます。決勝も惜しい試合でした。
これに懲りず、また熱い壮年部で行きましょう!!

それから、もう一人・・・うちの息子。
相手は2月にも対戦しておりリベンジ戦、雪辱を果たすべく臨んだ。
ところが、開始直後の入り際に、カウンター気味に上段前蹴りをモロに受けダウン、1本負け。
まぁ、これが現実ですわ、試合は何が起こるかわからない。
一瞬の出来事に本人も呆然、ずいぶんと意気込んでただけにショックだったようだ。
というのは、1回戦の相手は以前に闘って手応えもあり今回は勝てる、むしろ2回戦の相手を意識してたから。
甘いよね~。
2月の試合以来自分は更に稽古を積んできており強くなってる、上段のガードをしっかり保ち動いてうまく回り込んで最後は打ち合って勝つ・・・と比較的簡単に勝てるイメージをしてたようだ。
確かに稽古は積んできた、動きも前よりはいい、だからある程度自信持つのはいいが、甘く見る・過信するのはいかんよ。
まして、相手は茶帯1級 そう簡単に行くはずもないし。
これは身を持って経験すればよくわかるし、そんなわけでこれはこれでいい勉強になったと思う。
珍しく落ち込んでたし・・・よっぽどショックだったのだろう。いい薬だ。

と、まぁ偉そうにこんなこと言ってるが、実は同じような事を自分も2月の支部内交流試合で経験してる。
自分も正直、あの時は入賞は確実、優勝できるぐらいの自信はあったかもしれない。
ミット稽古もコンスタントに出ており、スパーリングでもある程度手応えを感じてた。
ステップを駆使して捌いて返す、ラスト20ぐらいからラッシュをかけて勝つシナリオを描いてた、要はうまくやって勝つことしか考えてなかった。
その結果、試合は終始後手後手で、結局何もしないで終わってしまったというお粗末。
いやぁ、ショックでしたね~またも1回戦敗退でしたから。

でもね、自分はあれがあったから先日の試合の勝利につながったと思うんだよね。
だから、息子もこれをバネに次回の春季支部内交流試合は、今度こそリベンジを果たしてもらいたい。

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


極真空手 壮年空手道 奮闘日記
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/10 身のほど]
[01/12 46歳]
[08/03 礼]
[06/18 あらた]
[04/24 たけあに]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
y.h
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1968/05/11
職業:
会社員
趣味:
極真空手
バーコード
ブログ内検索
P R