忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


先日、壮年部の先輩が一人退会した。
自分よりも2年先輩で、自分はライバル心を持って、追いつけ追い越せと思いながらいい意味で励みになってたし、自分が成長する上で大きく影響を受けた先輩である。

稽古も熱心にされており、日曜日も空手談義しながら一緒にトレーニングしてる仲で、極真空手が大好きな人と思ってた・・・。
茶帯までいって・・・とても残念です。

自分は極真空手が大好きで、やればやるほどハマっていく。
身体的な理由でできなくなることは別として、やめることは想像できない。
自分は多趣味でいろんなことをやってきたけど、ここまでハマったのははじめてかもしれない。
空手があることで毎日が楽しく過ごせ、生き甲斐のようなものである。

本部直轄杉村道場の道場生が書かれてるコラムがある。
YOMIURI ONLINE 新おとな総研にある「はじめてのこだわり 女盛りの空手道」です。
隔週水曜日、いつも楽しみに見させてもらってるけど、そこにも書かれてるように、最初はどうかと思ってはじめた人でも、やりだすとハマってしまうものである(個人差はあると思うが)。
http://otona.yomiuri.co.jp/mystyle/

環境の変化でモチベーションが下がり気力がなくなったとのことだが・・・。
自分も昨年一時期、仕事が大変で辛いときもあったけど、道場に行くのが億劫になったことはあったけど、やめようとは思わなかった。
むしろ、空手があったから励みに頑張ってこれた。
行くのが億劫でも、行くと楽しいんだよ。

稽古に来れなくなると、組手などの自分の力に不安感が出て、帯に見合った力・強さをつけなきゃいけない、下の帯の人には負けられないというプレッシャーは確かに感じる。
先輩は緑帯のとき、茶帯になるからには弱い茶帯にはなりたくないと言っておられた。

茶帯になったゆえに・・・重荷になってしまったのかなぁ。
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


極真空手 壮年空手道 奮闘日記
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[07/10 身のほど]
[01/12 46歳]
[08/03 礼]
[06/18 あらた]
[04/24 たけあに]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
y.h
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1968/05/11
職業:
会社員
趣味:
極真空手
バーコード
ブログ内検索
P R