忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今週はいろいろあって・・・期末で仕事も忙しく疲れたので稽古休みました。
行こうと思ってたんだけどね、「もっと打ち合う」組手をしに。
でもね、気持ちが乗らないときに激しく動くと怪我するし、他の方々にも迷惑かけるから・・・。

水曜日、発熱と下痢で会社休んだ。
どうやら、日曜日の試合会場で胃腸炎のウィルスが飛び交ってたみたいで、試合を見に来てた友人や、T元さんの奥様もやられてしまったようだ。
1日休んで復活したその晩、会社の同期のN村からの連絡で、仲良かったもう一人の同期のM崎が亡くなったと。
しかも、自ら命を絶ったという最悪の結末で・・・。
そんなことがあってショックで気持ちも落ちまして。

M崎とN村とは、同期入社でしかも同じ職場に配属され、同期の中でも特に親しくしてた仲。
M崎とは入社当時、独身寮も同じでしょっちゅう飲みに行ってまして。
M崎は同期の中でも優秀でトップで昇格してたし、エリート街道を走ってたんだけど・・・
人生どこでどう変わるかわからんよね。
エリートなだけに過酷な職場につき、うつ病になって身体こわして・・・。

彼とはたまに会って飲んで、色々話してて最近は元気そうにしてまして。
病気とは3年付き合ってたらしいがだいぶ良くなったと聞いてたんだけどね。
まさか、こんな最悪の結末になるなんて思ってなかったから・・・ほんとにショックだった。

病気だから仕方ない・・・とは思っても、死ななきゃいけなかったのかと・・・。
何とかならなかったのかなって、残念な気持ちと悔しい気持ちでね・・・。

彼は、学生時代からエリートで来ていて、挫折らしい挫折ってのを経験してないみたいで。
だから、この年になって大きな挫折に当たると、乗り越える力というか免疫みたいなものがなかったんだろうなぁ。

体調崩して一線から外れた職につき、そうこうしてるうちに同期や後輩にまで抜かれ、彼のプライドはことごとく破壊され、会社を辞めれば負けだと・・・
そんな彼に残された選択肢が、死ぬことしかなかったんだろう・・・。

彼 格闘技好きだったから、空手やらしたかったよ。
そんな話もしたことあったんだけどね。

湿った話はこのぐらいにして、気持ち切り替えないと。

明日は、稽古行くぞ~。

ワールド空手3月号の「運足を学ぼう!」で、木山師範の解説の中のステップを教える上での難しさで、こんなことが書いてあった。
「極真空手というのは、接近戦は避けて通れません。だけれども、ステップを最初に教えると、接近戦での打ち合いを、足を使って避けてばかりで、試合の流れを自分のものに出来ない選手が出てきてしまったんです。」
みんながみんなそうではないけど、自分はこのパターンになってしまってるように気がするんだけど、どうだろうか。
先日の試合も、そんな感じで負けてしまったような気がする。





PR
Comment
押忍押忍 ...2010/03/26(Fri)
by てるや Edit
色々乗り越えて、強く生きましょう!

我々は戦闘能力を上げるために稽古しているのではなく、体と同時に心を強くするために稽古しているはずです。

心身錬磨です。押忍
Re:押忍押忍
2010/03/27
心技体が合わさって強くなってこそ、戦闘能力(?)もアップするのでしょう。
自分は、ハートの修行もまだまだですが、極真空手をはじめてからずいぶん変わりました。
社会に出るとほんといろいろありますが、人生どんなに辛くても生きなきゃいかんですよね。
彼も、極真空手と出会ってたら、また人生も変わってたでしょう。
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


極真空手 壮年空手道 奮闘日記
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/10 身のほど]
[01/12 46歳]
[08/03 礼]
[06/18 あらた]
[04/24 たけあに]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
y.h
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1968/05/11
職業:
会社員
趣味:
極真空手
バーコード
ブログ内検索
P R