忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日は、師範のミット稽古。
昨日はいろいろあって疲れてて、行くのどうしようか・・・なんて考えてたが、気持ちを奮い立たせ30分遅刻で参加。
行くとM先輩もいらしてて、来て良かったと。
続いて元ストリートファイター?Sさんも来る。

<メニュー>
・ジャンピングスクワット(200回)から参加。
・運足(練り足)、ステップの練習。
・意拳の練習。
・受け返し
・師範代も基立ち。
・スパーリング。
・技研(突き)。

意拳の練習は、城南川崎支部で取り入れられてたそうだ。ビデオで数見さんが意拳の練習をされてるのを見たことがある。城南支部で稽古しているようでなんかうれしかった。
そういえば、空手の名人と称されたなみはや支部の田ケ原支部長も意拳の練習法を取り入れておられたようだ。
一つは、立って姿勢を取り静止して内功を練る。
いろんな姿勢があるようだが、昨日は大木を抱えるような姿勢を取った。
そして腹式呼吸で気を手の先に集める。
この姿勢を数十分ほど取るのだが、昨日は5分。
もう一つは、両手を前に押し出しながら、ゆっくりと粘り強く歩む。
一歩前に出ると同時に息を吐き、一連の動作を軟らかくつなげていく。

師範代の基立ちとスパーリングで気づいたが、師範代の動きが変わった。
軟らかくなった。練り足の運足をマスターしつつあるようだ。
すいぶん練習されたそうだが、センスのある方は早いなぁ。

スパーリング中に、相手の膝が左足モモの前部を直撃。
おお~~っ!!
当たった瞬間は痛いというより、力が入らない感じで立てない。ここのあたりにツボがあるようでそこを強打したらしい。
しばらくして激痛・・・。
先日の膝の強打といい、よく怪我する。まだまだ下手なんだろうなぁ・・・。

技研は、昨日は下突きと鎖骨の辺りを狙う突き。
下突き、縦拳での練習。当てる場所と角度、姿勢を直される。
当てる場所、右拳は肋骨と腹部の境目あたりに。左拳はレバーを狙う。
自分は突きを出すときに姿勢が傾くため、軸を真っ直ぐに腰をしっかり入れて、と直された。
鎖骨への突きは、大きく振りかぶって打ち下ろす方法もあるが、昨日は肘を固定し縦拳で叩くような感覚。
大きく振るかぶるよりも動きが小さいため、当てやすい。しかも動きがコンパクトな割りに結構痛いし効く。
これをポンポン当てられたら、確かに嫌だな。

世界大会で戦うには、力だけで押していくような組手だけでは戦えない、もう一工夫が必要だ と師範はおっしゃってる。何せ、図体のでかくパワーのあるのがゴロゴロいるからだ。
今年のウェイト制、全日本は、来年の世界大会の選抜戦になり、師範代には是非とも世界大会に出場していただきたい。
先日、師範のおっしゃってた「一匹25円で売ってた、朝一番の新鮮ないわしの売れ残りを、夕方一匹100円で売り切る方法」。
師範代は、この一工夫を身につけつつあるようだ。
自分にとってもこの一工夫が成長にカギだと思ってる。
この1年で、いわしを売り切る手法を身につけられるか。



PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


極真空手 壮年空手道 奮闘日記
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/10 身のほど]
[01/12 46歳]
[08/03 礼]
[06/18 あらた]
[04/24 たけあに]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
y.h
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1968/05/11
職業:
会社員
趣味:
極真空手
バーコード
ブログ内検索
P R