忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


日曜日、選手会稽古に参加して来た。
先月はなかったので2ヶ月ぶりと久しぶり。
当初は、脇腹の調子がいまいちで不参加のつもりだったが、子供が参加したいとのことでその付き添いのはずだったんだけど、せっかく遠くまで来たんだしということで、できるところまで参加することとした。
壮年部の参加は6人、いつものメンバーだが一般部で稽古されてたA藤先輩が壮年部入り。
壮年部世界3位とあって、体格もパワーも迫力のある方。強い方と稽古できるのは有難い。
また、全日本大会の残り一つの代表枠をかけての選抜戦も間に入った。

<メニュー>
・腹筋(50回×3を2種)
・背筋(100回×3セット)
・パンチの基本
・運足&パンチ
・技研(近い間合いでのパンチの受け返し)
・約束組手(近い間合いでのパンチの受け返し)
・スパーリング(ジョイントマット4つ内パンチのみ)
・スパーリング(ジョイントマット4つ内)
・ワンマッチ

パンチの基本、金曜日からの腰部を固定し身体の芯の回転をイメージする。
近い間合いでのパンチの受け返しは、パンチの軌道を反らして返しのと、パンチをはらって返す。

稽古は、スパーリングの途中でリタイア。
痛めてるのは脇腹だが、身体にパンチをもらうと痛めてる所に衝撃が来る。
ワンマッチできなかったのがちょっと残念。

一般部のワンマッチでセコンドについたが、これも訓練が必要だ。
A田先輩、師範代のセコンド役をさせていただいたが、なかなか思うように声が出ない。
セコンドの助言は、試合の流れを効率よく持って行く上で非常に重要だ。
今後、師範代のお手伝いをしていく上で見る目を養って行く必要がある。

師範の指導は、自分はとてもわかりやすくイメージもつかみやすい(すぐできるかどうかはその人の技量だが)。
お手本に加え、ロジカルな説明があるからだ。
自分が昔やってた空手やテニスなどは「お手本見せるからよく見てろ」的な感じで動きを真似るような指導を受けてきた。
それだけだと、コツやイメージがつかみにくい。
自分は理科系人間であり、仕事も理論の世界でやってるのでこのような指導法はとても馴染む。
論理的思考の苦手な人は、考えるよりもお手本を見て習得するだけの方がが早いかもしれないが…自分は不器用なので「見て習得する」のは苦手かも。

明日から道場は夏休み。
怪我をちょっと悪化させた感あり、回復に専念しつつも、ランキング 筋トレなどの自主トレはやって行こう。
無理して稽古したつもりはないんだけど・・・強くなりたいというよりは、空手が好きなんですよね(笑)。
 
そうそう、参加を目指してた国際大会が例年の4月から、来年は11月(世界大会の前日)に変更になったようだ。
来年4月に照準を合わせてたのだが・・・ちょっと気が抜けた感じはあるが、それだけ練習時間が増えたということで。
おかげで、共に稽古してるT元さんも出場できるかもしれないし。
M本先輩とT元さんと出れたら、これは励みになりますよ!!
自分のスキルアップ次第ではあるが、その前の7月の関東大会出場を目指してみるかな。


PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


極真空手 壮年空手道 奮闘日記
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[07/10 身のほど]
[01/12 46歳]
[08/03 礼]
[06/18 あらた]
[04/24 たけあに]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
y.h
年齢:
48
性別:
男性
誕生日:
1968/05/11
職業:
会社員
趣味:
極真空手
バーコード
ブログ内検索
P R