忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日、師範のミット稽古に参加。
先週は参加できず、来週はウェイト制のため稽古休みのため、気合入れていく。
大人が少なかったが、途中からSTファイターS水さんが参加、久しぶりです。

<メニュー>
・腹筋(50回×3セットを2種)
・背筋(100回×3セット)
・パンチの基本(3種)
・シャドー2分×2セット
・ミット蹴り(ミットを左右に動かし中段、2分×2セット)
・ミット蹴り(ミットを正面に、左右に動いて中段、2分×2セット)
・スパーリング(相手ノーガード(当てる練習))
・スパーリング(受け返し)
・スパーリング
・ジャンピングスクワット(50回×3セット)
・摺り足(道場内5周)
・技研(膝蹴り)

腹筋・背筋、この程度の補強はサクッとこなす。
ミット蹴りがかなりきつい。ここでかなりの体力が消耗されます(泣)。

スパーリングで以下3点の指摘があった。
・下段が足だけの蹴りになってる、体重が乗ってない。
・膝蹴りの蹴り方が悪い。
・姿勢が前傾。
下段、体重が乗ると蹴るというよりは足を落とすだけでドスンと来る。師範の蹴りがそうだ。
フォームが悪い、気をつけないと。
膝蹴りは、やはりフォームだ。今まで届かなかったのは間合ではなく蹴り方が悪いからだ。
自分は足を上げてる、腰を入れ前に突き出す感じで。技研で練習する。
姿勢は、ほんと意識して直さないと上段をもらってしまう。

技研で、膝蹴りを特訓。
相手の肩に手を添えて蹴る練習をする。昨日でだいぶ感覚はつかんだ。
さらに、1・2フックからの膝蹴りのコンビネーション。
膝が入りだすと奥外・前内が入りやすくなる、またその逆も おっしゃってた。
引き続き膝蹴りは注力していく。

今回のワールド空手に、田中健太郎支部長の膝蹴りテクニックが掲載されているみたいだ。
師範の教えてるやり方と少し違うとのこと。
ワー空に掲載されてるテク集は、毎回参考程度に見ている。
極真空手のDVDや本なども結構見ているが、見て楽しんでたり参考までとしている程度。

自分は、習い事の指南役は基本1人、多くても2人まで、指南役になりきるつもりで教わることと決めている。
過去テニスを習ったときに苦い経験がありましてね・・・。
今まで習ったゴルフでもテニスでも水泳でも、正しいフォームや基礎的なところは同じでも教え方・考え方はそれぞれであり、同じ事をあちこちから教わると焦点が定まらない。
テニスを習ったときがそうだった。
コーチが毎回違ってて教え方が違うもんだから、その都度リセットされる感じでね。
結局、自分のスタイルができないまま上達しないまま終わってしまった。
コーチが1人だったゴルフ・水泳はそこそこ上達した。ゴルフは、コーチが休みで代わりが入っても、自分のコーチに習ってる通りにやって下さいって言って、当たり障りのない指導だけだった。

ミット稽古、毎回ほんときついが、でも一番好きな稽古だ。
いつもヘロヘロになるけど、いつも充実感いっぱいだ。
参加されてない道場生、これから参加してみようと思う方、是非参加を!!
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


極真空手 壮年空手道 奮闘日記
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[07/10 身のほど]
[01/12 46歳]
[08/03 礼]
[06/18 あらた]
[04/24 たけあに]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
y.h
年齢:
48
性別:
男性
誕生日:
1968/05/11
職業:
会社員
趣味:
極真空手
バーコード
ブログ内検索
P R