忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日、師範のミット稽古に参加。
昨日は月末とあっておじさん達は忙しいのか、大人は自分だけ。高校生2人、中学生6人かな。
自分も仕事は忙しかったけど、強引に参加と言ったところです。
師範代は体調不良でお休み…今日は師範代のスピードに食らえついて行くぞ!!って、鼻息荒くテンション上げ上げで行ったんだが…ちょいと残念。

<メニュー>
・拳立て150回
・ジャンピングスクワット150回
・上段回し蹴り
・上段回し蹴り(テコンドーミット蹴り)
・運足&蹴り(回って蹴り×3種)
・前足引いて、引いた前足で下段を返す①
・前足引いて、奥足で下段返す②
・シャドー2分×2セット
・約束組手→上記①②を対人で。
・スパーリング(パンチのみ)
・スパーリング
・技研→右胸元へのパンチ、下突き

上段回し蹴りのミット蹴りで、治りかけてた右足付け根内側のをまた痛めてしまった。
そんなわけで、スパーリングは左足の回し蹴りが蹴りにくくなる。

技研では、師範にマンツーでパンチのご指導いただく。
スパーリングのとき、師範に相手の右胸元当たるよ、あいてるよと言われ当てようとするがなかなか当たらない。
そこで、右胸元へのパンチの当て方を習う。
フォームをきっちりと。肘を内側に入れるように固定し体を少し左側にねじる。
薬指・小指のあたりで当てるような感覚で左上から右下に振り下ろす感じで。
そうすると不思議な事に、相手の右手の外側の軌道を通り右胸元に当たる。
これに体重を乗せれば威力が出る。胸元を嫌がって体が開いたところに真ん中に突きを入れる流れとのこと。
下突きは、体の前後の動きをイメージする。
自分は腕より先に体から前へ出てる、肩甲骨を柔軟に使い腕から。

前にも話したが、昔ゴルフを習ってたとき、フォームをきちんと習うと不思議と玉が真っ直ぐ飛ぶ。
以前は、クラブに玉を当てようという意識だったのが、言われたとおりにスイングすると勝手にクラブに玉が当ってまっすく飛ぶといった感覚になった。フォームとは不思議なものだ。
空手についても同じだと思う。
そして、パンチに体重がなかなか乗らないのはフォームが悪い、姿勢(構え)も悪いと。
姿勢(構え)については、以前から問題意識もってた。前傾になりやすいとか左に傾くとか・・・。
昨日も、左の下突き打つ時に体は真っ直ぐのつもりだったが傾いてると。
姿勢については、自分はM本先輩の姿勢をイメージしてる。

昨日は11時半まで師範にご指導いただき、ほんと遅くまでありがとうございました。
そのあと帰り、どうもまだしっくりこなくて家で1時半まで・・・(笑)
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


極真空手 壮年空手道 奮闘日記
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[07/10 身のほど]
[01/12 46歳]
[08/03 礼]
[06/18 あらた]
[04/24 たけあに]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
y.h
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1968/05/11
職業:
会社員
趣味:
極真空手
バーコード
ブログ内検索
P R