忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


本日(昨日になっちまった)は、師範代のミット稽古。
足がまだ不調なため、できるところだけ参加。
先週から練習してる突き・・・組手で感覚をつかみたくてね~。

<メニュー>
1.シャドー 2分×2セット
2.拳立て 顎つけて10回×10セット
3.腹筋 60回×10種類
4.{レッグランジ1分+その場ダッシュ1分}×3セット
5.{うさぎ跳び往復+左右中段蹴り5本ずつ}×2分
6.3本突き
7.捌いて突く
8.パンチの捌き
9.膝蹴り、前蹴り 捌いて回り込む
10.スパーリング(パンチのみ)
11.スパーリング
12.ボディ打ち

この中で、4.5は見学、11もパンチのみ。
足がいまいちなのにちょっと熱くなりまして・・・足が張ってしまってスパーリングの途中にリタイア(笑)。

パンチ・・・ん~~~~、いまいちだなぁ。
当たってないんだよね。
当たってはいるんだけど当たってるだけ、すなわち有効打でない、ダメージを与えるパンチではないんですよ。

特に下突き。届いてない感がある。
間合いが悪いのかと思って距離を詰めて見る。
相手のパンチが飛んで来る・・・そりゃそうだよな。
間合いが悪いのかな・・・。

稽古が終わって、師範代に聞いてみた。
「やっぱり間合いが悪いんですかねぇ」とたずねてみる。
そうすると意外にも「間合いは合ってますよ」と。
へっ?じゃあなんだぁ?

「パンチ(ストレート)を出すとき、腰が先に出る感じ、パンチが一瞬遅れる。パンチが来るのがわかるから、よけやすい。下突きは、打ち方が(フォーム)が悪い、軸が曲がってる。モーションが大きくなるから来るのがわかる、よけやすい。」と。
それって、師範にも注意されたじゃ~ん。

自分ではかなり意識してたつもりなんだけどなぁ・・・。
下突き、届かないと思うから体を倒して届かそうとする。だから軸が曲がってしまう。
ストレートは、腕よりも先に腰が動いてしまう・・・これは変な癖がついてしまってる。

そんなわけで、稽古後個別に指導受けた。
腕と一緒に腰を出す、前かがみにならないで軸は真っ直ぐ。
師範のおっしゃってた、ストレートは砲丸投げをする感覚、下突きはボールの下投げ。
この練習と、棒を横に両腕で抱えて棒の先を相手に当てるイメージの練習。
家でも練習できるので、道場の青い棒を借りてきた。

パンチ・・・なかなか上手くならないなぁ。
師範代も、今も基本的な練習されてるぐらいだもん、そう簡単にはできませんよね。
地道に練習あるのみ!!

今日は、腰を痛めてリハビリ中のKさんに「Haradaさんって、ほんと練習好きですよね」って言われた。
練習が好きというか、上手くなりたい・強くなりたいから練習してる。
そりゃもちろん、練習は好きよ、歳も考えず身体がぶっ壊れるまで練習してしまうぐらいだから(笑)。
練習が好きというか極真空手が好きなんだよね。

そして今日も、いつもと同じくいい感じで稽古が盛り上がってました。
しんどいし痛いけど、楽しいっす。
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


極真空手 壮年空手道 奮闘日記
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/10 身のほど]
[01/12 46歳]
[08/03 礼]
[06/18 あらた]
[04/24 たけあに]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
y.h
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1968/05/11
職業:
会社員
趣味:
極真空手
バーコード
ブログ内検索
P R